コミュニケーション上達術

コミュ障克服へのコツを教えます!

コミュニケーションが苦手だからと、エンジニアの仕事を選ぶ人もいます。しかし実際に仕事について見ると、技術関連の仕事にも、対話のための能力が必要であることに気づきます。接客の仕事が不特定多数の顧客を相手にするのに対し、技術職では開発現場で働く技術者が、交流を行う相手です。

職場で開発スタッフとの上手な情報のやり取りができなければ、開発業務に支障をきたします。そのため、たとえ技術専門職であっても、必要最小限のコミュニケーション能力は身につける必要があるでしょう。ただし、エンジニアの仕事においてメリットであるのは、お世辞や社交辞令を必要としない点です。会話の内容は、開発技術の専門用語が大半を占め、表面的な言葉の装飾は必要最小限です。開発現場では、正確な情報交換こそが重視されます。接客分野の仕事とは異なり、簡潔で正確さを重視する会話術こそが、開発の仕事で求められる能力です。

このことから、お世辞や社交辞令が苦手な人にとって、技術開発の仕事での会話能力に引け目を感じる必要はありません。それでも、開発の現場で意思疎通に問題がないよう、技術の専門用語については正確に理解が必要です。新しい技術の導入と共に、覚えなければならない用語は数多く登場しています。エンジニアにとって常に勉強が必要であり、それは専門用語も範疇に入ります。技術分野ならではのコミュニケーション能力を身につけ、職場で使いこなせるのが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です