コミュニケーション上達術

コミュ障克服へのコツを教えます!

仕事に集中していると、つい自身の世界の中に没頭します。しかし、開発の仕事では、技術者との情報交換を積極的に行い、独断で行動しないのが大切な心構えです。

開発プロジェクトで問題となるのが、チームワークです。各人が勝手に開発を進めると、後に大きなトラブルへと発展しかねません。エンジニア同士が互いに情報を交換し、開発状況について皆が把握している必要があります。互いに開発のチェックを行い、トラブルの原因は未然に防ぐのが効果的です。

職場でのコミュニケーションを促進するため、情報交換の機会を持つのが役立ちます。ミーティングは、開発に関する情報交換の重要な場です。会議では積極的に発言し、開発状況の報告が求められます。ミーティングで自発的に発言するエンジニアは、ミスが少ないです。またさらに、コミュニケーションに役立つツールを使いこなし、開発チーム間での意思疎通が促進できます。定番であるのは、職場にホワイトボードを配置することです。些細な伝言でも、こまめにホワイトボードを使うと情報伝達がスムーズになるでしょう。

またデジタル通信ツールも、エンジニア同士のコミュニケーションには便利です。パソコンだけでなく、スマートフォンを利用すると、外出先でも無線通信ネットワークを介して情報のやり取りができるため便利です。すでに各開発現場では、各スタッフが情報伝達を重視する心構えを持ち、便利なデジタル通信ツールを使いこなしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です