コミュニケーション上達術

コミュ障克服へのコツを教えます!

技術開発は、一人のスタッフで果たすことができるものではありません。複数のスタッフが協力し、一つの開発プロジェクトを成功に導く職場が多いです。その中で、エンジニア同士のコミュニケーションが、プロジェクト成功の重要なポイントです。互いに上手く連携を行えなければ、開発にトラブルを抱える可能性があります。

そこで、技術者ならではの能力を活かして、コミュニケーションを促進する手段を取り入れる必要があります。ビジネスの分野で利用が進んでいるのが、インターネット技術です。スタッフ同士の連絡や情報共有のため、グループウェアなどの情報通信ツールが積極的に使われています。エンジニア同士の情報伝達手段として、インターネット技術を取り入れられます。これまで電話だけでは、遠隔地同士の情報交換は難しい面がありました。しかし、インターネットを介しての情報交換を行えば、より詳細で詳しいデータのやり取りが可能です。

またインターネットは日本国内のみならず、世界中にネットワークを伸ばしています。そのため、海外のスタッフとの情報交換にも有効です。エンジニアは、新しい技術に強い関心を持つ傾向があります。それだけに、すでにインターネットによるコミュニケーションの手段を取り入れている職場は多いです。新しい技術への順応性が高く、仕事で使いやすいように改良したり、また新たなインターネットの情報ツールを自ら作り出すなど、積極的な利用が見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です